【HSPあるある】HSPブロガーに聞いた「自分って繊細だな」と感じたエピソード

HSPと向き合う

 

こんなに些細なことに悩み続けているのって自分だけなんだろうな…

 

私の気にしいな性格を理解してくれる人なんて、きっといないんだ。

全人口の約15%ほどしか存在しないと言われているHSP。

他人から理解されにくく孤独を感じやすいHSPの中には、こんな風に感じてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、私のHSPブロガー仲間たちからいただいた「自分って繊細だな」と感じたエピソードをHSPあるあるとしてご紹介していきます。

 

同じ気質を持った方のエピソードから、

  • 「わかる~!」
  • 「なるほど!そういう考え方もあるな~!」
  • 「自分は一人じゃなかったんだ」

そんなことを感じていただけたらなと思います。

 

また、エピソードをお話しくださったHSPブロガーさんのブログも紹介しています。

私とはまた違った角度でHSPについて記事を書いているブロガーさんもたくさんいらっしゃいます。

気になった方のブログに、ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

 

こんな人におすすめ
  • 誰からも理解されないと孤独を感じるHSPさん
  • HSPあるあるが知りたい方
  • HSPが感じた繊細エピソードに共感したい方
  • HSPについて書かれたブログが知りたい方

 

著者

みみこ

  • HSS型HSP
  • HSPの彼と繊細さん同士で同棲しています
  • 境遇を活かして、HSPについて考察した内容を発信中
  • アラサーの事務系OL

 

みみこ

ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

スポンサーリンク

HSPとは

 

HSPとは、刺激に敏感で繊細な気質を持った人のこと。

 

HSP(Highly Sensitive Person)
「繊細な気質を持った人」や「敏感な人」のこと

 

特徴としては、

  • 物事を深く考えたり、深く味わう
  • 刺激に対して敏感
  • 共感力が高く、人の気持ちを察する
  • 変化に気が付きやすい

などが挙げられます。

 

実生活の中では刺激によって疲れやすかったり、他人に気を遣いすぎてしまったりと生きづらさを抱えやすいと言われています。

 

   

みみこ

HSPってなんだろう?と思った方は、まずこちらから見てみてくださいね!では、みなさんのエピソードに行ってみましょう!

 

スポンサーリンク

HSPあるある①「自分って繊細だな」と感じること

 

さっそくHSPブロガーさんの「自分って繊細だな」と感じるをエピソードを3件ご紹介します。

 

1.一人反省会をしてしまう

 

自分の発言だったり行動だったりを後になってから、「あの発言で大丈夫だったかな…」などとひたすらもやもや1人反省会してしまうところです(>_<)

まくろふぁーじ さん(@macrophage_blog

 

みみこ

とってもわかります!あとから「勘違いされたんじゃないか」とか「もっといい言い方があったはず」ってモヤモヤして、後悔ばかりしてしまうっていう・・・。まくろふぁーじさんのように一人反省会をしてしまうという方、多いのではないでしょうか。

  

『はたらく細胞』に登場するマクロファージのように、優しくて強い女性になるのが目標というまくろふぁーじさん。  

そんなまくろふぁーじさんの人柄が溢れているブログ『まくろふぁーじの貪食日記』では、HSPが「自分らしい生き方・働き方」を見つけるための記事が公開されています。

私個人的には、特にアンガーマネジメントの記事と繊細さんのイメージを変えたいという記事がおもしろかったです!

ぜひ遊びに行ってみてくださいね~!

 

2.気にしてしまいやすい

 

不意に扉を勢いよく閉めてしまった時、心の中で全力で謝ります。 逆に他の人が扉を閉めていたら、すごくびっくりするので…。 普段はかなり気をつけているのですが、風通しが良かったり、力が入ってしまったり…。 でもこんなことで謝るのも違うかな?とか色々考えた結果、心の中で謝ってます!笑

ばち さん(@pokmon1118

 

みみこ

音に驚きやすいからこそ、自分のちょっとした行動を申し訳ないと感じてしまうことありますよね。でもそれって自分だけの感覚で、こんなこと周りは何も思っていないかもしれないし、謝ってもびっくりされちゃうかもっていう感覚もめちゃめちゃ共感できます。

私は特に心の中で「ああすべき?」「こうすべき?」といろいろ悩むことが多くて、ばちさんのこの時の心情が手に取るようにわかりました!笑

 

共感力が高く、漫画やアニメの登場人物になりきって笑ったり泣いたりできるというお話もしてくださったばちさん。

同じく共感性の高い恋人と一緒にONE PIECEを見るのが幸せな時間なんですって。

 

みみこ

とってもほっこりするお話ですね!

 

ばちさんは、ブログ『内向型マガジン』にて内向型の人が幸せに生きていくための記事を公開しています。

心理学に基づいてお話されていて、とてもわかりやすかったです。

特に私のおすすめは、転職希望者向けへの退職の切り出し方の記事。

仕事が辛いと感じているHSPさんは、一度目を通しておくと良いかもしれません!

 

3.周りに気を遣いすぎて疲れる

 

周りの人々の様子を見て、色々対応しすぎてめちゃくちゃ疲れていました。疲れすぎてご飯が食べなられなくなることもよくありました。

夫と同じ環境に同じ時間いても、私はとても疲れていて、夫はケロッとしてました。夫には「ぷみらは周りにめっちゃ気を使ってるからやで」と言われて、無意識にそう対応していたことに気づきました!それは疲れますよね。

ぷみら さん(@pumira62

 

彼氏

周りに気を遣いすぎて疲れてしまうの、よくわかります。僕の場合は、疲れすぎると頭が痛くなったり、のどの奥が詰まった感じがします。

旦那さんは平気なんですね!僕たちとは逆のパターンだ!

 

みみこ

そうだね!私たちは繊細同士だけど、彼くんの方が特に人に疲れやすいもんね。

人に気を遣ってしまうのも無意識にやってしまうことだから仕方ないですよね。出かけるときには疲れないように対策が必要ですね。

 

 

ぷみらさんは、『ぷみらコミックblog』にてHSP向けの記事や漫画を描かれています。

景色や芸術品を深く感動することができ、想像しながら作品を作るのが好きだとお話してくださったぷみらさん。

繊細な気質を持った人に寄り添った作品やご自身の経験を元に作られた作品は、ぷみらさんだからこそ描ける漫画に間違いありません。

漫画やイラストでHSPについて知りたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね~!

 

HSPあるある②「HSPでよかった」と感じること

 

続いて、HSPブロガーさんに聞いた「HSPでよかった」と感じるエピソードについてご紹介します。

どのお話も心が温かくなるものばかり!

 

1.深く味わうことができる

 

・映画やドラマなど、作品に感動出来るところ

・美味しい味や、香りなどをより楽しめるところ

むぎ さん(@mugiquest

 

みみこ

五感が鋭かったり感受性が豊かだからこそ、映画やドラマなどの作品、味や香りを深く味わうことができるのは、やはりHSPでよかったなって思えることですよね!

 

箇条書きでたくさんのHSPあるあるを寄せてくださったむぎさん。

「感情移入しすぎてCMでも泣いてしまうことがあります」という話もしてくださいました。

それはきっと、むぎさんの物事を深く味わうことができる長所から来ているのですね。

保育士の経験があるむぎさんは、ブログ『むぎクエスト』にてHSP×保育の視点から記事を書いています。

現役保育士や育児に悩みのある方には、特に読んでいただきたいです。

 

みみこ

私も将来子どもが生まれたら、さらにお世話になると思います!!!

 

また、それだけでなくおもしろい視点の記事がたくさんあるように感じました。

特に私のおすすめは、鬼滅の刃の登場人物から学ぶ自分らしく生きるコツというもの。

私自身は鬼滅の刃を読んだことがなかったのですが、それでもおもしろいと感じました!

鬼滅の刃を観たことがある人は絶対楽しめるはずです!

ぜひ読んでみてくださいね~!

 

2.人の痛みがわかる

 

とにかく人の痛みが自分の事のように分かるので、相手をが辛い時適切に励ましや共感ができることですかね。なので、幼い頃から「思いやりがあるね」と言われてきました。

また、生き物にも好かれますね(๑ ́ᄇ`๑)なんとなく雰囲気察して接するせいか、猫にも我が家のペット達からも噛まれたり攻撃されることは無いです。

ると さん(@parallel_root

 

みみこ

人の痛みを自分事のようにわかるからこそ、誰かを心から励ましたり共感することができる。HSPの立派な長所ですよね。

私も自分に自信がなくなってしまうことが多いのですが、誰かに寄り添うことができたときや相手から感謝されたときは唯一自分のことが大好きになれます。

 

彼氏

生き物に好かれるのも、生き物たちがしてほしいことを察知できるからなんでしょうね!ペットのねずみくんたちもきっと幸せですね!

 

るとさんは、ブログ『ぱられるーと』にて自身の経験から仕事に悩んでいる方、看護師さん、HSPやうつ病に悩む人向けの記事を公開しています。

8回転職を経験しているというるとさんのお仕事の記事は、同じように仕事に悩んでいる方に刺さるのではないかと思います。

私にも、コールセンターで働いていたとき、電話やメールの問い合わせで簡単なタスクが溜まるとパニックになってしまったり、お客様からのお叱りの言葉を引きずってしまうことがあったというお話もしてくださりました。

るとさんのブログには、このコールセンターでのお仕事の記事もあります。

HSPがコールセンターで働くとどうなるのか、コールセンターで働いてみたいと感じている方には、ぜひ一度読んでみていただきたい記事です。

 

3.散々悩んでも次の日には別のことで悩んでいる

 

人間関係でその日1日中さんざん悩んだのに、次の日には別の悩みが発生しそれまで悩んでいた事をだいたい忘れる事が出来ます。

もちしろ さん(@mochishiro_soda

 

みみこ

たしかに!私も1日中悩んでいても次の日には別のことに悩んで、昨日のことを忘れていたりします!これもHSPのメリットと言えますね!

 

彼氏

「毎日悩んでばかり」とマイナスに捉えるのではなく、「次の悩み事でいま悩んでいたことを忘れられる」とプラスに捉える考え方が素敵ですよね。

今日はこんなに悩んでいるけど明日にはきっと忘れてる、そう思えると今の悩みも少しは楽に感じられるかもしれませんよね!

 

とっても素敵なエピソードをくださったもちしろさんは、幼い頃から極度のきにしいで、変なところで気を遣ってしまったり、生きづらさを感じてきたそう。

相手の顔色を見るだけで瞬時に「もしかして今、気分を悪くさせた?」と感じてしまったり。

 

みみこ

めちゃくちゃわかります~!

 

そんなもちしろさんのブログ『mochishiro blog』では、主に主婦さんに向けた子育てに便利アイテムや体験がご紹介されています。

主婦のみなさまにとって、「わかる!」「ためになる!」と感じられる記事ばかりだと思います。

もちしろさんの人柄が溢れる記事で、もちしろさんと一緒にお話ししているように楽しく読むことができるのも魅力だなと感じました。

ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

【HSPあるある】HSPブロガーに聞いたエピソード:まとめ

孤独を感じているHSPさん向けに、HSPブロガーに聞いた繊細エピソードをご紹介してまいりました。

ちなみに、わたしたちの繊細エピソードは、

 

彼氏

僕が自分のことを繊細だなと感じるのは、一つのことでいっぱいいっぱいになってしまうこと。人混みや腹痛などの刺激があると、それで頭がいっぱいになって、他のことが考えられなくなります。

あとは、他人の気持ちを考えすぎて人と話すのが苦手なこと。「こういったら相手を困らせるかも」「傷つけてしまうかも」と悩みすぎて、当たり障りのない返答ばかりするので会話が終わってしまいます。昔、AIみたいって言われたこともあります…。

 

みみこ

私がHSPでよかったって感じることは、人の優しさを深く感じられることです。誰かが自分にしてくれたことの意味を深く考え、感謝することができます。私は人とうまく話せなかったり、他人の言動に傷つくこともあるけれど、元気をくれるのはいつも誰かの優しさ。私はHSPですが、人が大好きです!

 

みなさんが共感できるエピソードには、出会えましたでしょうか?

 

今回ご紹介した6名のHSPブロガーさんに共通して言えることは、自身の繊細な気質に前向きに向き合っているということです。

 

繊細エピソードにもあったように人の痛みが理解できたり、物事を深く味わうことができたり、HSPだからこそできることもたくさんあります。

 

私のブログ『みみこの世界はまあるい』はもちろんのこと、ご紹介した6名の方のブログで前向きになれるヒントを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

まくろふぁーじ さん(@macrophage_blog) : 『まくろふぁーじの貪食日記』

ばち さん(@pokmon1118) : 『内向型マガジン』

ぷみら さん(@pumira62) : 『ぷみらコミックblog』

むぎ さん(@mugiquest) : 『むぎクエスト』

ると さん(@parallel_root) : 『ぱられるーと』

もちしろ さん(@mochishiro_soda) : 『mochishiro blog』

 

 

おすすめ

 

  

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ

 

タイトルとURLをコピーしました