固定費見直しで約2万6千円削減成功!具体的な削減項目とその方法☆

暮らし

こんにちは、みみこです。

私はお互い実家暮らしで貯金0円からお金を貯め、彼と同棲を開始しました。

なんとか同棲開始のためにお金を貯めることができましたが、今も経済的に余裕がある状態ではありません。

毎月少しでも生活費を安く済ませられるように、さまざまな工夫をしています。

そこで、今日は実際に私が行った固定費の見直し方法について、ご紹介したいと思います。

固定費の見直しをしたいけど、何をしたら良いの?実際そんなに変わるの?と疑問に思っている方に、ぜひ参考にしていただきたいです。

私が実際に行っている節約テクニックについては、こちらから!

同棲にかかる生活費のやりくり方法については、こちら!

スポンサーリンク

私の毎月の支出

まず、固定費見直し前の毎月の支出をご紹介します。

■毎月の支出

見直し前
共有口座入金90,000円
財形貯蓄10,000円
自動車保険9,600円
自動車ローン6,800円
奨学金14,000円
携帯12,000円
医療費2,100円
日用品3,000円

■毎月の収支

見直し前
収入160,000円
支出147,500円
収支 12,500円

残りの約12,500円を好きなことに使用している感じなのですが、正直全然足りません。

美容院に行ったり洋服を買ったら、すぐに無くなってしまう。

そこで、固定費の見直しを図ることにしたのです!

スポンサーリンク

固定費の削減

私の毎月の支出の中で、削減できそうなのが以下の3点でした。

削減できそうな固定費

①自動車保険
②自動車ローン
③携帯電話

自動車保険

私はこれまで新車購入時に加入したディーラー保険に入っていました。

信頼できるディーラーさんが事故があった際にも対応をしてくれるということで、初心者ドライバーだったころは安心だったのですが、とにかく保険料が高い。

最初の頃なんて毎月2万円弱払っていました。

みみこ

そりゃお金が貯まらないわけだ・・・

そこで、保険の乗り換えと内容の見直しを行いました!

詳しい内容は下記でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ローン

続いて、削減できそうなのが自動車ローン。

私にはまだ新車のローンが残っていました。

頭金で払えるだけの金額は出したので毎月の支払いは最小にとどめていたのですが、それでもこのローンは辛い。

そこで、残金の一括支払いを決意しました!

1つ借金がなくなっただけですごく晴れやかな気持ちになりました。

通帳の残高はびっくりするくらい減ってるんですけどね・・・。

みなさんも自動車に限らずローン残高が減っているようであれば、一括支払いを検討してみてください。

自動車ローンは金利が高いので、他の金利が安い銀行への借り換えもお勧めします。

詳しくはこちらより、ご覧ください!

携帯電話

私が携帯電話デビューをしたのは、中学生の時。

そのときからずっと同じ大手キャリアの携帯電話を使用していました。

使い勝手も悪くないし対応も良いのですが、できるなら携帯電話料金を少しでも安くしたい。

格安SIMも気になるけれど、使いにくいんじゃないか?契約が難しいんじゃないか?

そう思って踏み切れずにいました。

ですが、やってみたら思っていたよりも簡単!

私のような複雑な作業が苦手な人でもできたので、ご安心ください。

詳しくは下記の記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

固定費削減の結果

以上の3つの固定費の削減に取り組んだ結果、毎月の支出はどうなったのか。

結果はこちら!

■毎月の支出

見直し前見直し後
共有口座入金90,000円90,000円
財形貯蓄10,000円10,000円
自動車保険9,600円2300円※
自動車ローン6,800円0円(完済)
奨学金14,000円14,000円
携帯12,000円2,200円
医療費2,100円2,100円
日用品3,000円3,000円

※自動車保険は月払いではなく年払いで28,000円です。ここには28,000円を12か月で割った金額を記載しています。

■毎月の収支

見直し前見直し後
収入160,000円160,000円
支出147,500円123,600円
収支 12,500円36,400円

自由に使えるお金が約24,000円増えた!!!

余裕が出てきたので、積み立てNISAも始めることを決意しました。

ちなみに、毎月かかる固定費を削減するためにかかった費用は以下の通りです。

自動車保険料(年払い)約35,000円
車のローン(一括払い)約620,000円
格安SIM契約(機種残額一括払いを含む)約90,000円

合計 745,000円!!

とんでもない金額が吹き飛んでいきました。

人にもよりますが、月の支払いを抑えるためにはある程度まとまったお金が必要になる場合もあります。

最初にいくら払う必要があるのかしっかり確認して、できる範囲で取り組みましょう。

まとめ

固定費の削減

削減効果が大きかったもの
①自動車保険の変更
②自動車のローンの一括払い
③スマホを格安SIMへ変更

毎月の支払を安く抑えるために、最初に大きなお金がかかることも!
しっかりかかる費用を確認してから実行すること。

いかがでしたでしょうか。

最初は手間がかかったり大金がかかったりしましたが、結局は先払いしているというだけなので、固定費削減は絶対にやっておくべきだと思います。

ですが、なんでもかんでも安く済めば良いというものでもないとも思います。

私で言えば、運転に自信がないから安全装備のある車を選ぶなど。

みんなが安くしているから自分もそうするのではなく、自分にとって本当に大切だと思うものにお金をかけるという考え方をしていただけたらなと思います。

みなさんが納得のいく家計管理ができますように!

私ももっと勉強していきたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました