『花束みたいな恋をした』から同棲カップルが学べること【レビュー&感想】

恋愛

私は長く付き合っている彼氏と同棲をしています。

そんな私におすすめの作品があるということで、先日お友達と映画館に行ってきました。

その作品というのが、『花束みたいな恋をした』

みんなどこかで経験した”あの時”を思い出させてくれると話題の映画。

今日は、『花束みたいな恋をした』から同棲中の私たちが学んだことをご紹介します。

こんな人におすすめ!
  • 『花束みたいな恋をした』を同棲カップルが見た感想が気になる方
  • 『花束みたいな恋をした』から同棲カップルが学べることが知りたい方
著者

みみこ

  • アラサーの事務職OL
  • 付き合い歴5年。現在同棲中
  • 『花束みたいな恋をした』を見てから映画の世界から抜け出せない
みみこ

同棲中のカップルにはぜひ見てほしい作品でした!

スポンサーリンク

『花束みたいな恋をした』とは

この作品は『Mother』『最高の離婚』を担当した坂元裕二さんが脚本、『いま、会いにゆきます』『罪の声』を手掛けた土井裕泰さんが監督のラブストーリー。

主演は、菅田将暉さんと有村架純さん。

主人公の麦と絹の5年間を表現した作品で、二人が同棲する部屋や深夜の甲州街道、多摩川の河川敷を歩くシーンがおしゃれなことでも話題となりました。

あらすじは、以下の通り。

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った 山音やまねむぎ (菅田将暉)と 八谷はちやきぬ (有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。近所にお気に入りのパン屋を見つけて、拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店しても、スマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが…。まばゆいほどの煌めきと、胸を締め付ける切なさに包まれた〈恋する月日のすべて〉を、唯一無二の言葉で紡ぐ忘れられない5年間。最高峰のスタッフとキャストが贈る、不滅のラブストーリー誕生!──これはきっと、私たちの物語。

映画『花束みたいな恋をした』公式サイトより https://hana-koi.jp/

DVDとブルーレイ購入はこちらから!

おすすめ

ノベライズ本はこちらから!

おすすめ商品

スポンサーリンク

『花束みたいな恋をした』が好評な理由

この映画が好評である理由に、自分に置き換えて考えられるということがあると思います。

映画では主人公の麦と絹の5年間が描かれているのですが、その中には誰しもが経験したことがあるような場面が登場しています。

二人の出会い、告白、同棲、就活・・・。

二人の様子を見ていると、どうしても自分の姿と重ねてしまうのではないでしょうか。

もうお別れした恋人との恋愛を懐かしんだり、現在の恋愛について考えさせられたり。

公式サイトのあらすじに「──これはきっと、私たちの物語。」とあるように、作品ではなく自分の過去や現在を見ているような気持ちになります。

みみこ

映画を観たあとに、ただ作品として終わらない魅力があると思います。

『花束みたいな恋をした』から同棲カップルが学ぶこと

私ももちろん、『はな恋』からたくさんのことを考えさせられました。

現在彼と同棲中の私が、学ばなければならないと感じたことは以下の通りです。

『花束みたいな恋をした』から私たちが学べること
  • 現状維持を目標にしてはいけない
  • 大切なことを忘れない
  • 人は変わるということ
  • 話し合いが大切

なお、この先はネタバレを含む可能性があります。

すでに映画を観終えている方、ネタバレがあっても差し控えない方はご覧ください。

現状維持を目標にしてはいけない

やりたいことしかしたくない気持ちから、就活をせずに大学を卒業してフリーターとなった二人。

そこに双方の親がやってきて、就職を勧めます。

挙句の果てに仕送りを止めると言われてしまい、麦(菅田将暉)は就職を決断。

絹(有村架純)との楽しい毎日を現状維持するために、就活を始めるのです。

すでに映画を観た方はご存じと思いますが、麦(菅田将暉)の就職によってこれまでの二人の関係は大きく変化します。

どうして二人の関係は変わってしまったのでしょう?

もともと麦(菅田将暉)は絹(有村架純)のために就職したにも関わらず、どうして真逆の方向へ行ってしまったのか。

それは、現状維持を目標にしてしまったからではないでしょうか。

よくスポーツや受験において、目標は高くもっていないと達成できないと言われています。

恋愛でも同じことが言えるのではないでしょうか。

麦(菅田将暉)は、これまでと変わらない絹(有村架純)との楽しい毎日を目標としてしまいましたが、本来ならばもっと上を目指さなければならなかったのかもしれません。

現状維持で二人の幸せな日々を延長するのではなく、さらに楽しい毎日が送れるようにさらに高みを目指さなければならなかったのです。

そのような気持ちがなかったから、就職した麦(菅田将暉)は絹(有村架純)への態度がおざなりになってしまったのかもしれません。

では、私たちはどうでしょうか。

現状に満足せずに、さらに二人の関係を良くする工夫ができていると言えますか?

私は正直言ってできていなかったと思いました。

毎日の生活に追われてしまい、彼との関係を考え直す機会すらありませんでした。

同棲中の方には同じような方も多いのではないでしょうか。

映画の中の麦(菅田将暉)と絹(有村架純)のようにすれ違ってしまわぬように、二人の関係をさらに良いものにしていく努力をしてみてはいかがでしょうか。

大切なことを忘れない

絹(有村架純)との毎日ために就職をした麦(菅田将暉)は、仕事をとても頑張ります。

遅くまで残業をして、帰宅してからも残った仕事を片付ける。

そんな彼は息抜きに本屋さんに連れて行っても、これまで大好きだった文学作品ではなくビジネス書を手に取るようになってしまう。

絹(有村架純)は、それを寂しく思っていました。

恋人との幸せのために頑張る麦は素敵です。

ですが、麦は絹との幸せのために働いているという大切なことを忘れてしまっていました。

出遅れて就活を始め、やっと内定がもらえた会社について行くのはとても大変だったと思います。

それでも、何のために働いているのかは忘れてはいけなかったのです。

みなさんはどうでしょうか?

自分が何のために働いているのか、忘れていませんか?

余裕がないあまりに、本当に大切にしていたことを忘れてしまってはいないでしょうか?

仕事によって本当に大切にしたいものを潰されてしまっては意味がありません。

私の場合はお金を貯めることにこだわりすぎて、彼に口うるさく言ってしまっていたことを反省しました。

お金を貯めたいのも、彼との幸せのため。

口うるさく言って関係を悪化させてしまっては意味がないのです。

大切なのは、とにかくバランス。

自分が何のためにそれをしているのか目的を忘れずに、バランス感覚を大切にしていかなければなりません。

人は変わるということ

「結婚すると男の人は変わるのよ」

小さい頃、母からよくそう聞いていました。

当時はそんなことないと思っていましたが、実際には男女関わらず環境によって人は変わっていきます。

それは、決して悪い方だけではありません。

良い方にも悪い方にも人は変わってしまうのです。

だから私たちは「人は変わらない」と過信せずに生きていかなければなりません。

大切な人が違う方向へ行ってしまいそうだと気が付けば止める必要があります。

大切な人のことは、しっかり見ていなければならないのです。

話し合いが大切

麦と絹は誰がどうみても納得するようなベストカップルでした。

趣味も考え方もぴったり合う人なんて、なかなか出会えません。

それでもあのような終わり方になった原因は、何だったのでしょう。

それはずばり、しっかりお互いに向き合って話し合いをしなかったからではないでしょうか。

麦の就職をきっかけにすれ違い始めた二人。

あらゆる出来事において、価値観のズレが現れてきます。

明らかにすれ違っているのにわかっているのに、二人とも「どうでもよくなってきた」と関係修復を放棄してしまうのです。

彼らがそうしてしまうのにも理由があるのですが、そこで一歩だけ歩み寄ることができたらこのような終わりにならなかったのではないでしょうか。

小さなズレが生じたとき、私たちはことの重要さに気が付きません。

いつも気が付くのは、小さなズレが重なって大きなものになってから。

1つ「あれ?」と思ったことがあれば、それを見逃してはいけないのではないでしょうか。

『花束みたいな恋をした』から同棲中の私が決断したこと

以上のことから、彼と話し合って二人の生活を見直すことにしました。

二人の生活の見直し
  • 月に一度デートをする
  • 何事もバランス感覚を大切にする
  • しっかり話し合う

月に一度デートをする

日々の生活に追われて恋人らしいことができていなかったことに気が付き、月に一度はデートをすることに決めました。

同棲する前には一緒に暮らしたらしたかったことがたくさんあったのに、今はそれが全然できていないんですよね。

付き合いたての気持ちを思い出せるように、その日は家事や節約を忘れて二人の時間を楽しもうと思います。

何事もバランス感覚を大切にする

私はつい何か目標を決めると、それにだけ目がいってしまうクセがあります。

1つのことに集中できるのはいいことだと思いますが、成功した試しがありません。

何事もバランス感覚が大事。

将来のお金のことを不安に思うばかりでなく、今ある彼との幸せを大切にしようと思います。

キーワードは「なんとかなる!」

私は普通にしていても頑張りすぎてしまうので、「なんとかなる!」と手抜きするくらいがちょうど良いのだと思います。

しっかり話し合う

話し合いはこれまでも大切にしてきましたが、この先もそれは続けていこうと約束しました。

そして、お互いのことをもっとよく見ようと思います。

お互いに不満に思ってことは伝えるし、相手がおかしな方向へ行ってしまうそうなときは全力で止める。

これまで以上に支え合って生きていくことを約束しました。

まとめ

『花束みたいな恋をした』から同棲カップルが学べること
  • 現状維持を目標にしてはいけない
  • 大切なことを忘れない
  • 人は変わるということ
  • 話し合いが大切

これらはあくまで私たちが行き着いた結論です。

きっと観る方それぞれに思うところがある映画だと思います。

『はな恋』を作品としてだけでなく自分が歩む未来かもしれないと思って、二人の関係をさらに良くしていくことに繋げてもらえたら良いのではないかと思います。

花束みたいな恋をしたをもう一度見たい方には、U-NEXTがおすすめ。

U-NEXTなら無料で『花束みたいな恋をした』を視聴することができますよ。

『はな恋』を無料で視聴する方法
  • U-NEXTでは7/14より『花束みたいな恋をした』を配信スタート
  • 本来であれば最新作のため399円の有料配信
  • 無料トライアル登録で600円分ポイントをゲット
  • 600ポイントを使用して『はな恋』視聴

無料トライアルのポイントを使用して、無料で『はな恋』を見ましょう!

また、U-NEXTでは動画だけでなく電子書籍も楽しむことができ、『花束みたいな恋をした』のオリジナルシナリオやノベライズ本も近日公開予定です。

そちらもぜひお楽しみください。

『花束みたいな恋をした』の他にも映画やドラマが200,000本配信されていて、おうち時間の過ごし方に最適なU-NEXT。

この機会にぜひ無料トライアルに申し込んでみてはいかがでしょうか。

\31日間の無料トライアル登録はこちらから!/

タイトルとURLをコピーしました