同棲中の喧嘩 仲直りの5つのコツ【上手な喧嘩の方法を覚えよう】

同棲

恋人とはいえ、生まれも育ちも違う二人。

長く同棲をしていると喧嘩はつきものです。

そこで今回は、私たちが意識している同棲中の喧嘩の仲直り方法をご紹介します。

こんな人におすすめ!
  • 同棲中の恋人と喧嘩ばかりで悩んでいる人
  • 喧嘩をうまく仲直りできない人
  • 同棲を開始して喧嘩が増えた人
  • 同棲を開始すると喧嘩が増えるのではないかと不安な人
みみこ

喧嘩は悪いことばかりではありません。
上手に喧嘩して、二人の課題解決に繋げましょう。

スポンサーリンク

同棲中の喧嘩の原因

まずは、同棲中に喧嘩になってしまう原因について確認しておきましょう。

同棲中の喧嘩の原因
  • 家事のやり方の違い
  • 経済的な価値観の違い
  • 生活習慣の違い
  • 思いやりが感じられない
  • 二人の将来を考えていない

家事のやり方の違い

やはり家事が原因で喧嘩になるケースは多いようです。

せっかく決めた家事分担やルールを守ってもらえなかったり、相手の家事のやり方が気に入らずにもめてしまうことがあります。

家庭それぞれによって家事のやり方は異なります。

それはもはや異文化ともいえます。

長く付き合っていても、一緒に暮らしてみないと家事のやり方まではわかりません。

そのため、同棲を開始したばかりのカップルが起こしやすい喧嘩だといえるでしょう。

経済的な価値観の違い

経済的な価値観の違いも喧嘩の原因になりうるでしょう。

お付き合いをしている段階では別のお財布なので気になりませんが、一緒に住み始めると将来が見えてきます。

そうなってくると、途端に相手のお金の使い方が気になってしまうのは仕方ないことです。

人が持つ経済的価値観は、育ってきた環境に大きく左右されるそうです。

そのため、まったく同じ価値観を持った人に出会うことは難しいと思います。

お金の使い方についてどのように折り合いをつけていくのかは、大切なポイントだと思います。

生活習慣の違い

ちょっとした生活習慣の違いから起きる喧嘩も多々あります。

同棲を開始する前は「そんなの気にならない!」と思っていても、実際に生活してみると習慣の違いがストレスになることがわかると思います。

一緒に暮らす時間が長くなって二人の生活に慣れてしまえばいいのですが、それまでは生活習慣の違いから来る喧嘩は避けられないでしょう。

私たちもこの生活習慣の違いから喧嘩になったことがあります。

こちらの記事で詳しく書いていますので、よかったらご覧ください。

思いやりが感じられない

長く一緒にいるようになると、恋人がそばにいるのが当たり前になってきてしまいます。

そうすると、だんだん相手への扱いが雑になってしまうことがあります。

全然話を聞いてもらえないことが不満になったり、お願い事を忘れられて腹が立ったり、それがきっかけで喧嘩に発展してしまいます。

みみこ

付き合いが長くなっても相手への思いやりは忘れないようにしたいですね。

二人の将来を考えていない

二人の将来を考えていないような発言や行動も喧嘩のもととなります。

恋人を不安にさせるような行動には注意しましょう。

これから結婚すると、自分一人の人生ではなくなります。

同棲はその準備期間だと言えます。

自分本位な行動ばかりしないようにしましょう。

スポンサーリンク

同棲中の喧嘩 仲直りのコツ

では、喧嘩をしてしまった場合、うまく仲直りするにはどうしたら良いのでしょう。

うまく仲直りをするコツ
  • 相手の考えを理解する
  • 自分の気持ちを伝える
  • 「別れる」と言わない
  • これから同じ喧嘩をしないようにどうするか話し合う
  • どうしようもないことは潔く諦める

相手の考えを理解する

喧嘩になってしまったら、まず相手を責めることをやめましょう。

そして、相手がどうしてそのような行動を取ったのか説明してもらいましょう。

自分にも言いたいことがあるのはわかります。

ですが、一旦耐えて相手の意見を聞くことで、向こうの状況を冷静に理解することができます。

相手がそのような行動をした理由がこちらも納得できると、解決に話を進めやすいです。

なかなかすぐには難しいかもしれませんが、喧嘩のたびに少しずつ意識してみてください。

自分の気持ちを伝える

相手の意見を散々聞いてから、やっと自分の意見を伝えましょう。

先に相手に話させることによって自分の話も聞いてもらいやすくなります。

それに、相手の意見を聞いているうちに自分の冷静さも取り戻せてくると思います。

自分の意見を話すポイントとしては、「〇〇をされて自分はこう思った」というように自分の気持ちを説明すること。

いきなり相手に対して責める言い方をしたり、ああしろこうしろと言っても聞いてもらえないことが多いです。

相手はあなたを傷つけたいと思って、そのような行動をしたのではないはずです。

今回のことで自分がどんな気持ちになったのかを伝えることで、相手にどうすべきだったのかを考えてもらいましょう。

「別れる」と言わない

喧嘩をするたびに「別れる」と言い出す人がいます。

この言葉はその場しのぎでしかなく、根本の問題解決には繋がりません。

それに、初めは効果的に見えるかもしれませんが、何度も続けていると相手に愛想をつかれてしまいます。

そして、言う側は本当に別れるつもりがなかったとしても、言われた側にはものすごいストレスがかかります。

いつか本当のお別れになってしまわないように、「別れる」は禁句です。

これから同じ喧嘩をしないようにどうするか話し合う

うまく仲直りをするのに最も大切なのが、これからどうするかを話し合うことだと思います。

起きたことを責めても時間は戻りません。

同じような嫌な思いをすることがないよう、未来に向けた話し合いをしましょう。

ここで大切なのが、どちらかが100%我慢するような内容でないこと。

このような約束をしてしまうと、それが守れなくて結局同じ喧嘩を繰り返します。

これからも仲良く暮らしていくために、お互いが少しずつ我慢する解決策を探りましょう。

みみこ

これからどうするかをメインに話をしていくことで、喧嘩→話し合いにシフトできます。
自分だけが良いのではなく、二人が納得のいく方法を探してみてくださいね。

どうしようもないことは潔く諦める

いくら考えても良い解決策が思いつかない場合には、潔く諦めることも大切です。

人を変えるのはとても難しいことです。

それならば、自分の考え方を変えてしまう方がよっぽど楽!

相手の直してほしいところが気にならないように、自分の考え方を改めてみてもよいかもしれません。

みみこ

こりゃ言ってもだめだ!と諦めたこともお互いにたくさんあります。
それでも案外仲良くやっていけるものですよ!

まとめ

うまく仲直りをするコツ
  • 相手の考えを理解する
  • 自分の気持ちを伝える
  • 「別れる」と言わない
  • これから同じ喧嘩をしないようにどうするか話し合う
  • どうしようもないことは潔く諦める

同棲中の喧嘩は避けられません。

ですが、ちょっとした工夫によって喧嘩をこれからに繋げていくことはできます。

私たちは付き合ってからずっと、ご紹介したことを守り続けてきました。

喧嘩のたびに私たちに合う答えを出してきたので、喧嘩をするのも話し合いをするのも怖いと思ってことはありません。

このように喧嘩は決して良いものではありませんが、相手との絆を深めることができるものだとも感じます。

一番よくないのは相手の気持ちが怖くて喧嘩や話し合いができないことではないでしょうか。

二人が喧嘩をしても心配がいらないような関係性になれることを応援しています!

タイトルとURLをコピーしました