【同棲の物件探しの方法】物件情報サイトで希望条件を分析しよう!

同棲

こんにちは、みみこです。

お互い実家暮らしから同棲を開始する場合、物件探しも初めてでわからないことだらけではないでしょうか。

今日は初めての物件探しでぜひ知っておいてもらいたいポイントについて、ご紹介します。

私が陥った失敗についても紹介しますので、皆さんは同じ失敗をしないように参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

物件情報サイトで情報収集

とはいえ、お互い一人暮らし経験などない私たちは、まずは物件情報サイトなどで情報収集。

この情報収集の段階では、物件探し未経験者は以下の点を見てみると良いと思います!

物件情報サイトでの情報収集ポイント

①家賃相場
②譲れない条件

①家賃相場

家賃はある程度相場があります。
家賃〇万円でだいたいこのくらいの間取り、綺麗さなんだな~とか同じ間取りや築年数でも駅近や人気のエリアだと家賃〇万円に跳ね上がるな!とか。

いきなり希望の物件を探すのではなくて、自分が住もうと思っている周辺エリアの情報を分析しましょう!

これによって、自分は家賃何万円レベルの部屋にしたら良いかがわかると思います。

②譲れない条件

たくさんお部屋を見ていると、カウンターキッチンがいいな!とか築年数は気にしないからリノベーション物件がいい!などこの条件は欲しい、嫌だという基準がわかってくるかと思います。

それはとても大切な気づきなので、必ずメモしておきましょう!

そしてパートナーにも同じように情報収集をしてもらって、条件について意見のすり合わせをしてみてください。

ちなみに、みみこと彼氏が最終的にまとめた条件は以下の通り。

・家賃6万以内
・1LDK
・駐車場2台付き
・バス・トイレ別
・カウンターキッチン
・フローリング(できれば明るめの色)
・築浅
・温水便座
・都市ガス
・みみこの実家から近いこと
・お風呂やトイレが古くないこと

スポンサーリンク

私たちの失敗

よし!条件も確認したし、物件情報サイトで気に入った部屋を見つけた!
さっそく他の人に取られる前に不動産会社に連絡して契約だー!と、思ったあなた。

私もこれまで知らなかったんですが、そんなうまくはいかないんです。

<私たちが陥った失敗エピソード>

①新築の物件を問い合わせしたら契約を急かされちゃった

12月から物件情報集めを開始して、気に入った物件を管理していた複数の不動産にコンタクトをとったのは1月。

5月から住みたい旨を伝えると1社目からかなり時期が早いと言われてしまいました。

気が早まりすぎたねなんて話していたら、2社目の新築マンションの不動産からこのお部屋で3月からの契約にしてくれないかというお話でした。

不動産

人気の物件だけれど、3月からにしてくれたら取っておきます。とにかく今すぐに決断してください!

ですが、そこは家賃が少し高く、突然そのように急かしてくるところも嫌だったのでお断り。

新築マンションだとスタート時には満室にしたいことから、契約を早くするように勧められることがあるみたいです。

急かされても流されないようにしましょう。他にも素敵な物件はありますよ。

②部屋を借りたくて連絡したら他の人に契約されていた

こっちが一番衝撃でした。

①の出来事から5月から住むなら3月中旬頃が適切な時期と聞き、物件情報サイトに掲載された気に入ったお部屋3つを確認し3月に不動産へ。

私たちが伺った不動産は、他の不動産が管理している物件も扱えるというようなところでした。

ですので、そこの不動産が管理していないところも含めたお気に入りの3つを担当者に見せたところ・・・

担当者

このお部屋ってたぶんもう契約されてますよ?

確認してもらったところ案の定3件すべて全滅。

え!でも物件情報サイトに載ってるじゃん!

と思ってしまうのですが、

物件情報サイトには掲載期間が決まっており、すでに契約完了しているものも掲載期間が満期でなければ掲載されたままになっていることがあるそうです。契約されたら掲載から消えるわけではないらしい。。。

または、実際にはもう契約完了している条件の良いお部屋をいつまでも掲載しておいて、その物件目当てで問い合わせしてきた人に別の物件を紹介するおとり物件というものもあるんだとか。。。

ここで私が声を大にして言いたいことは物件情報サイトはあくまで情報収集として利用しよう!ということです。

物件情報サイトは自分の基準や家賃相場を勉強するにはとても便利ですが、必ずしもその物件が借りられるわけではないと覚えておきましょう。

まとめ

物件探しのポイント


①物件情報サイトで家賃相場と譲れない条件を確認しよう!
②急かされても流されて契約しない
③物件情報サイトに掲載されている物件は必ず契約できるとは限らない

以上のことに注意して、お部屋を探してみましょう!

みみこ的には結局不動産で直接紹介してもらうのが一番と思います。
プロに相談すると大切だった条件が意外とそうでもなかったことに気づいたりするので。

少し長くなりましたので、内見についてはまた次回!お楽しみに!

タイトルとURLをコピーしました