【HSPおすすめ漫画:凪のお暇(2巻)感想&考察】空気を読むことと空気を感じ取ること

HSPと向き合う

こんにちは、みみこです。

私が最近ハマっている漫画『凪のお暇』

私は、この作品はHSPの方にとてもおすすめだと感じています。

前回に引き続き、今日は『凪のお暇』2巻から私が考えたことをお話ししようと思います。

こんな人におすすめ!
  • 『凪のお暇』2巻の内容について知りたい方
  • 『凪のお暇』2巻を読んだ方
  • HSPに関連する漫画が読みたい方
みみこ

2巻も読みごたえがありました!

スポンサーリンク

『凪のお暇』とは?

『凪のお暇』という作品についてご紹介します。

『凪のお暇』は漫画雑誌『Eleganceイブ』にて掲載されているコナリミサト先生の作品で、2019年にはTBS系列にて主演黒木華さんでテレビドラマ化もしました。

おすすめ商品

あらすじは、以下の通り。

大手企業に勤める28歳OLの大島凪はOLの、会社で空気を読んでばかり。

同僚に仕事を押し付けられたり、同僚のミスを自分のせいだと思われて叱られてしまったり、ランチではマウンティングの餌食にされる。

そんな彼女の「なんだかなぁ」な生活の唯一の誇れること、それが営業部エースの我聞慎二と付き合っていること。

彼と結婚し、「なんだかなぁ」な日々から脱出するのを夢見ていた。

しかし、押し付けられた仕事の残業中に慎二が同僚に彼女と結婚する気はないこと、けち臭い女は生理的に無理だと話しているところに遭遇してしまいます。

それがきっかけで凪は会社で過呼吸を起こしてしまい、退職を決意。

SNSや携帯を解約、家具家電も一切捨てて、都心から郊外へ移住。

自分を見つめなおす、お暇をとることにしたのです。

彼女はこのお暇で変わることができるのか!

簡単に言うと、凪の自分探しの物語です。

『凪のお暇』はHSPの漫画とは公言していません。

具体的なHSPの日々の生活を生きやすくするようなテクニックとか、体験談が描かれているわけではありませんのでご注意ください

詳しくは、こちらをご覧ください。

おすすめ商品

『凪のお暇』2巻の購入はこちらから!

スポンサーリンク

感想

ここからは、『凪のお暇』2巻を読んで私が感じたことをお話しさせていただきます。

ネタバレを含む可能性があります。

ネタバレしても問題ない方のみ、続きをご覧ください。

.

.

.

ボリュームありすぎな第2巻。

いろんな要素がありすぎてまとめられなかったので、3つに分けてお話ししようと思います。

凪のお暇2巻 注目ポイント
  • 慎二はHSS型HSP?
  • 幼い凪を救ったうらら
  • 立ち向かう凪

慎二はHSS型HSP?

#七円め「凪、露知らず」

営業部のエースで人気者の慎二は、空気を読むのが得意で取引先ともうまく交渉をすることができます。

しかし、本人はそれをあまりよく思っていない。

空気を読むことは相手が欲しい言葉をかけるだけで、そこに自分はいないように感じるのだというのです。

凪と慎二 対照的な二人に見えて、「空気を読むこと」に関しては共通しています。

それなのに何が違うのか。

これに対して私は、凪はとにかく周りに合わせようとしていたのに対し、慎二は相手をよく見ているという違いがある気がしました

慎二はよく見ているというよりも、感じ取ってしまうという方が正しいかもしれません。

そういう観点から、慎二は少しHSS型HSPの気質があるのような気がしてしまいます。

それは慎二の、相手がしてほしいことを察知して空気を読んで対応するが、そこに自分の気持ちが伴っていないことに気が付いてしまう部分からも感じられます。

HSS型HSPは、感受性の幅が広くネガティブな感覚も他の人より鋭いです。

そのため、他の人が気が付かない自分の悪い面にも気が付いてしまうと言われています。

「空気を読んで相手のために行動できる」という長所で終わっておけば良いのに、「そこに自分の感情が伴っていない」という自分の悪い面に気が付いてしまう。

私は自分のことをHSS型HSPだと思っているのですが、この部分にすごく共感してしまいます。

他人から見たら良い人に見られていても、本当の自分の性格の悪さに気が付いて嫌いに思ってしまう気持ち。

HSS型HSPの方は共感いただけるのではないでしょうか。

そういった意味からも私は慎二というキャラクターが好きです。

この巻以降もたくさん活躍してくれますので、お楽しみに!

幼い凪を救ったうららちゃん

#八円め「凪、比べる」

お隣さんの大人びた小学生、うららちゃん。

彼女は、母子家庭で仕事の帰りが遅い母親とはなかなか顔を合わせられません。

幼い時の自分と境遇が似ている凪は、そんなうららちゃんを気にしていました。

そんなある日、凪はうららちゃんがクラスメイトに嘘をついているところを見かけてしまいます。

それをきっかけにうららちゃんが本心を話し始めます・・・。

この話、何度読んでもジーンとしてしまいます。

私が特に好きなのは、ビスケットに牛乳をかけると美味しく食べられるということを凪が教え、うららちゃんが実践して二人で感動している1コマ。

このコマでは凪が幼い姿になっていて、二人の小学生が感動しているようになっています。

これはその前の凪の「子どもの頃だったらうららちゃんは私と友達になってくれなかっただろうな」から来ていると思うのですが、すごく素敵ですよね。

きっと凪がうららちゃんを救っただけでなくて、凪もうららちゃんに救われていたように思います。

凪は当時、自分の辛さをわかってくれる友達がいませんでした。

そんな小さい時の凪を、うららちゃんが理解してあげることで救ってくれたような気もしますね。

その後、うららちゃんのお母さんの話へ繋がっていくのですが、こちらもとても温かい気持ちになります。

ぜひ読んでみて欲しいです!

立ち向かう凪

2巻の後半からは、凪が戦う姿がたくさんありました。

これまでの1巻で凪は見知らぬ人に対して自分の意見を言えるようになったり、少しずつ成長していました。

ですが、慎二に対しては「お前は絶対に変われない」と言われ、負けてしまっていました。

そう、この時点ではまだOL時代の人間関係にある人には結局負けてしまっていたのです。

ですが、2巻後半からOL時代の人間関係においても自分を変えようと努力しています。

まず、家を訪れた慎二と上の階の住人さん、うららちゃん、ゴンさんの5人でババ抜きをするシーン。

慎二の目に威圧されつつもゴンさんのちょっとした発言から勇気をもらい、慎二に挑みます。

ここで初めて凪は慎二に戦う姿勢を見せたように思います。

次に、婚活パーティー後に足立さんと坂本さんと食事をしているシーン。

OL時代と変わらない足立さんの態度に、昔の凪なら合わせていただけですが、ちゃんと思っていることをぶつけることができていました。

そしてそれだけじゃなく、自分の落ち度にも気が付いている。

この時点で、凪はものすごくステップアップしたように思いました。

まとめ

『凪のお暇』2巻から学んだこと
  • 空気を読もうとすることと、空気を感じ取ることは違う。
  • 人を救うことで自分や自分の過去が救われることもある
  • 人は少しずつ変わることができる

いかがでしたでしょうか。

慎二がHSS型HSPかもしれないという視点は、なかなかおもしろいんじゃないかなと思います。

新しい視点で『凪のお暇』を読んでみてはいかがでしょうか。

それにしても、このババ抜きの場面も婚活の場面もやっぱり人間描写がすごくリアルだなって思っちゃいますよね。

空気を読むのが得意なのに怒りから場の空気をぶち壊す発言をしてしまう慎二とか、凪にたかる婚活パーティーの男性陣、自分の浅ましさに気が付く凪とか。

すごく人間の嫌な部分も表現しているなと思います。

この漫画の、そういう嫌な部分も隠さずに真正面から描いてくれるところが好きです。

凪のお暇2巻が気になった方は、ぜひ読んでみてくださいね!

おすすめ商品

『凪のお暇』についてはこれからも感想&考察を掲載します。

よかったらよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました