同棲がうまくいくルールとは?【決めない方が良いって本当?】

同棲

私は長く付き合っている彼と同棲をしています。

同棲を開始したばかりの頃は、初めての同棲にわからないことだらけでした。

中でも、一緒に暮らすルールについてはとても考えました。

二人の同棲生活をうまくいかせるために、どんなルールが必要なのでしょう。

ルールは決めない方が良いという人もいて、結局どっちが正しいのか迷ってはいませんか?

そこで今日は、私たちの経験から同棲がうまくいくルールをご紹介します。

これから同棲を開始する方や、現在同棲中の方も参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

同棲のルールが必要な理由

そもそも、同棲にルールは必要なのでしょうか。

様々な意見がありますが、私は同棲にはルールが必要だと考えます。

私が必要だと考える理由は、下記の通りです。

同棲にルールが必要だと思う理由

①自分の当たり前が相手と同じとは限らないから
②喧嘩を防ぐことができるから

自分の当たり前が相手と同じとは限らないから

もともと育った環境の違う二人、考え方や生活パターンが全然違っていることも考えられます。

同棲をする前からある程度わかってはいると思いますが、一緒に暮らして初めてわかることもたくさんあります。

細かいルールは問題が起きてから話し合うのでも良いのですが、大枠のルールは決めておくのが良いと思います。

また、最初にルール決めをしておかないと、自分にとって許せないことを相手にされてしまう可能性があります。

例えば、急に部屋に友人を連れて帰ってきたり。

自分にとっては「一緒に住んでる人に先に連絡するのが当たり前でしょ?」と思っていても、相手には当たり前ではないようなことが多々あります。

自分と相手の価値観がまるっきり同じということは無いので、しっかりルール決めをしておく必要があると思います。

喧嘩を防ぐことができるから

初めにルールを決めておくことで、無駄な喧嘩を防ぐことができます。

何か起きてから話し合おうとすると、お互い感情的になってしまいやすいです。

相手への怒りから、落ち着いた話し合いができない可能性も。

そうならないように、「もしこういう状況だったらこうする」と何か問題が起きる前に決めておくことで、喧嘩を防ぐことができるでしょう。

スポンサーリンク

同棲のルールの作り方

では、同棲のルールはどのように決めていくのが良いのでしょう?

同棲のルール作りのポイント

・同棲開始前に決めておく
・他のカップルのルールを真似をする

同棲開始前に決めておく

同棲を開始したばかりの頃は、なにかと忙しいことが考えられます。

ですので、ルール決めは同棲を開始する前に済ませておくのが良いでしょう。

先にルール決めをしておかないと、同棲開始の忙しさで話し合う時間が取れず、うやむやになってしまうことが考えられます。

うやむやになった結果、片方がストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

新しい生活によるストレスと相まって、大きな喧嘩にも発展しかねないので要注意です。

他のカップルのルールを真似をする

初めに決めておくことが大事とは言っても、まだ同棲開始していないのに必要なルールなんてわからない方もいるかと思います。

そんな方におすすめしたいのが、他のカップルが決めているルールを真似すること

まずは、既に同棲をしているカップルがどんなルールを決めているのか調べてみると良いと思います。

みなさん試行錯誤しながら、自分たちの生活に合うルールを考えています。

それらの中には、自分たちのスタイルに合うものも含まれているはず!

それを取り入れて生活してみて、自分たちに合っていないと思えば話し合って変えていけば良いし、足りない部分は補っていったら良いと思います。

この後、私たちの同棲ルールをご紹介しますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

私たちの場合は、同棲開始前にカフェで好きな飲み物を飲みながらルール作りをしました。

あまり硬くならずに、二人の生活を想像しながら楽しく行いたいですね!

私たちの同棲ルール

早速、私たちの同棲ルールをご紹介します。

私たちの同棲ルール

①家事はお互いに手伝う
②予定を共有する
③一緒にお風呂に入る
④生活費は折半する
⑤節約をする
⑥お互いの時間を作る
⑦月イチでデートをする
⑧3年同棲をしたら将来のことを決める

家事はお互いに手伝う

私たちは、家事の分担をはっきり決めています。

私たちの家事分担は、下記の通り。

【みみこ担当】
料理、献立作成、家計管理、洗濯、お風呂の準備

【彼氏担当】
ゴミ出し、食器洗い、掃除、虫の処理、訪問者対応、家具組み立て

【2人】
買い出し

ですが、自分の担当じゃない方はやらなくて良いわけではありません。

副担当としてお手伝いをするというルールにしています。

なぜこのようにしたのかと言うと、相手に任せっきりにしていてやり方がわからないということを避けたかったからです。

どちらかの都合が悪い時にも代わりに家事ができるように、お手伝いをすることにしました。

みみこ

単純に、自分が担当とはいえ、忙しい時に手伝ってくれないと腹が立つからという理由もあります笑。

ちなみに、私は家事分担をしっかり決めておくべきだと考えています!

詳しい家事分担の決め方については、こちらよりご覧ください。

予定を共有する

お互いの予定を共有するのもおすすめです。

同棲をすると、自分だけの都合で予定を入れてしまうと相手に迷惑が掛かります。

そうならないために、お互いの予定を把握できるようにしておくと良いでしょう。

私たちはリビングに置いているカレンダーで、お互いの予定を共有するようにしています。

口頭で話しただけでは忘れてしまうことも多いため、夕飯がいらない日や帰りが遅くなる日も記入するようにしています。

私たちのようにアナログ的な方法ではなく、予定共有アプリを使用しているカップルもいると思います。

自分たちが好きな方法で良いと思いますので、予定を共有する手段を持っておきましょう!

一緒にお風呂に入る

私たちは、できるだけ一緒にお風呂に入るようにしています。

お風呂では、二人を邪魔するスマホも本もテレビもありません。

お互いがしっかり向き合って話しができるため、お風呂でおしゃべりする時間は大切にしています。

また、同時にお風呂を済ませることで光熱費の節約にも繋がっています☆

生活費は折半する

私たちは、男性が○○すべき!女性が〇〇すべき!というような考え方をしないようにしています。

そのため、付き合っているころからずっとデート代も折半してきました。

それは同棲を開始しても変わりません。

二人にかかる費用は折半するようにしています。

同棲のルールとは別に、お金の管理方法も決めておく必要があると思います。

ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

節約をする

お金の同棲ルールも大切です。

私たちは低収入カップルで、お金に余裕があるわけではありません。

ですが、結婚式も子どもも自分の老後についても諦めたくはありません。

できることはなんでも挑戦して、お金を言い訳にしない暮らしがしたいと思っています。

そのためには、節約は必須です。

お互いにお金について勉強したり、固定費の削減に取り組んだりと努力を怠らないようにしています。

お互いの時間を作る

同棲をすると家事に追われて、どうしてもお互いの時間が減ってしまいます。

ですので、お互い好きなことをする時間も確保するように気を付けています。

相手が何かしたいと言ったときには、自分も別のことをしたりして相手の邪魔をしないようにしています。

逆にお互い好きなことばっかりして一緒に過ごす時間がないのも寂しいので、その辺も話し合っておきましょうね。

月イチでデートをする

先日『花束みたいな恋をした』という映画を観てから、月イチでデートをすることにしました。

同棲を続けていると、出かけるといっても近所のスーパーに行くだけだったり、家にいても家事をするだけになってしまったりとどうしても生活感が出てしまいます。

同棲を開始する前にはたくさん一緒にやりたいことがあったのに、それができていないことに気付かされました。

このままでは、せっかく同棲をしているのにもったいないですよね。

二人の関係が冷めてしまうきっかけにもなりかねません。

同棲開始前の気持ちを忘れないようにするために、月イチのデートでは家事やお金のことは忘れて楽しみたいと思います。

3年同棲をしたら将来のことを決める

同棲をするとそのままズルズル続けてしまって、なかなか結婚ができないという話をよく聞きます。

そうならないように、私たちは同棲開始して3年経ったら、結婚するかどうするか話し合うことに決めています。

3年を長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれだと思うのですが、私としてはそのくらい余裕があっても良いのかなと思っています。

もし私と同じようにズルズルと同棲を続けてしまう心配があるのなら、このルールは決めておいても良いかもしれません。

なお、プロポーズのサプライズ感は多少無くなってしまいますので、ご注意くださいね。

まとめ

私たちの同棲ルール

①家事はお互いに手伝う
②予定を共有する
③一緒にお風呂に入る
④生活費は折半する
⑤節約をする
⑥お互いの時間を作る
⑦月イチでデートをする
⑧3年同棲をしたら将来のことを決める

ぜひ私たちの同棲ルールを参考に、二人で話し合ってみてくださいね。

また、私は同棲にはルールが必要と考えていますが、あまりルールを作り過ぎるのも良くないと感じています。

たくさんのルールで息苦しくなってしまったり、二人の暮らしを楽しめなくなってしまったら意味がないからです。

特に、相手を束縛してしまうようなルールは作らない方が良いです。

一緒に暮らしていても、私たちは個人同士。

お互いを尊重して暮らしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました