同棲初期費用、家具家電購入を含めて○○万円必要!安く済ませるポイントとは?

同棲

これから”同棲”を始めようとしている方が不安に思うのが、初期費用はいくらかかるのかということ。

どちらかが一人暮らしをしていたらある程度予測がつくかもしれませんが、完全に実家暮らしから独立する場合、必要なお金を想定するのは難しいのではないでしょうか。

そこで、今回は私たちが実際にかかった費用を確認しながら同棲初期費用は家具家電を含めていくら用意したら良いのか、ご紹介しようと思います!

こんな人におすすめ!
  • これから同棲を計画している方
  • 同棲にかかる初期費用が知りたい方
  • お互いに実家暮らしの場合の家具家電購入を含めた初期費用が知りたい方
  • 同棲の初期費用を安く抑える方法が知りたい方

みみこ

実家暮らし同士が同棲を開始するにはお金がかなりかかります。
安く済ませるポイントも紹介していますので、ぜひご参考ください!

スポンサーリンク

前提情報

同棲カップル

まず、私たちの基本情報をお伝えしておきます。

ポイント

家賃は特に収入や地方によってかなり金額が変わる部分になります。この前提情報をもとに、参考になる部分とそうでない部分を分けてご確認いただければと思います。


みみこ

彼氏
1人暮らし経験なしなし
年収300万~400万300万~400万
毎月の手取り15万ほど15万ほど
地域移動手段が車レベルの田舎移動手段が車レベルの田舎
自動車新車購入中古車
ローン奨学金、車奨学金
スポンサーリンク

同棲初期費用【実例】

同棲部屋

早速、私たちが同棲を開始するのに実際にかかった費用をご紹介します。

物件にかかった費用約215,000円
家賃諸々1か月分
(共益費、駐車場代込み)
70,000円
敷金・礼金0円
仲介手数料70,000円
火災保険料18,000円
契約時保証保険料15,000円
クリーニング費43,200円

家具家電にかかった費用:約420,000円
冷蔵庫129,000円
テレビ66,000円
ベッド90,000円
洗濯機もらいもの
炊飯器もらいもの
電子レンジもらいもの
トースターもらいもの
ダイニングテーブル10,000円
ビーズクッション2つ26,000円
カーペット10,000円
ケトル3,300円
掃除機12,000円
コンロ22,000円
カーテン10,000円
ゴミ箱3,000円
テレビ台もらいもの
時計3,000円
照明17,000円
食器棚12,000円
日用品10,000円

トータルでかかった費用

物件:約215,000円

家具家電:約420,000円

=約635,000円

みみこ

私たちは二人で同棲準備金を100万円用意したので、約36万円ほどを貯金に回すことができました!少しでも貯金があると安心ですよ!

同棲初期費用を安く抑えるには?

同棲カップル

では、同棲にかかる初期費用を安く抑えるにはどうしたらよいのでしょうか。

私は下記を実践していました。

同棲にかかる初期費用を安く抑える方法
  • 敷金礼金ゼロ物件を探す
  • 周りの人からもらえるものはもらう
  • 実家から持ってこれるものは極力持っていく
  • 必要になったら買い足すスタイルにする

敷金礼金ゼロ物件を探す

私たちは貯金ゼロ状態から同棲計画をたてたので、とにかく初期費用がかからないようにするのを目標にしていました。

そのため、お部屋も敷金礼金ゼロ物件にしました。

敷金礼金ゼロの物件って大丈夫なの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、このような物件は多く、私が住んでいるお部屋のように築年数が浅くて綺麗な物件もありますのでご安心ください。

同棲部屋の物件探しについては、こちらの記事でもご紹介しています。

良かったら参考にしてみてくださいね。

周りの人からもらえるものはもらう

家具家電に関しては、周囲に譲ってもらえるものがないか聞いてみると良いです。

私は年上のお友達が多く、彼と同棲したい話をしていたので譲っていただけたものがたくさんありました。

私たちが譲ってもらったもの
  • 洗濯機
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • トースター
  • テレビ台

譲っていただけるのはとても嬉しいことですが、何でもかんでももらえばいいというわけではありません。

製品が古くて電気代がかかってしまわないかや、使い勝手が悪いものではないかは必ず確認しておきましょう。

また、普段から友人に恋人との話を相談している相手だと、親身になって家具家電を探してくれることがありますよ。

みみこ

普段から相談しておいてよかったなと感じています。
このときにいろいろと恵んでいただいた方には今もお世話になっています。

実家から持ってこれるものは極力持っていく

できるだけ実家から持っていくというのも初期費用を安く済ませるコツです。

私は下記のものを最初持っていきました。

実家から持ってきたもの
  • タオル
  • 食器
  • 毛布
  • ストーブ
  • 扇風機
  • 折り畳み式テーブル

タオルや食器、毛布などは、実家に使われていないものが何かしらあると思います。

親に初期費用を安く済ませたい旨を正直に伝えて、協力してもらうと良いでしょう。

実家で家族が使っているものを勝手に持ってきてしまうのはやめましょう。

自分の部屋で使用していたものなら良いのですが、家族が使っているものを勝手に持ち出すのはやめましょう。この段階で同棲に対して悪いイメージを持たれると、二人の関係を応援してもらえなくなる可能性があります。

同棲前の両親への挨拶を成功させるコツについては、こちらの記事よりご確認ください!

必要になったら買い足すスタイルにする

最初にいろいろ買い込んでも、結局使わなかったなんてこともあります。

最初からすべて揃えてしまおうとせずに、必要になったら買い足していくスタイルでも十分生活できます。

買い足しで済ませられる例
  • 調味料
  • 調理器具
  • 洗剤等
  • 掃除用具

また、家具や家電もしばらくは他のもので代用することも可能です。。

例:折り畳み式テーブルでダイニングテーブルを代用

このようにすれば初期費用が思ったように集まらなくても、同棲を開始することができますよ!

まとめ

元実家暮らしカップルの同棲初期費用
  • 物件と家具家電でトータル約635,000円
  • 二人で100万円貯められれば少し貯金に回すことも可能
同棲初期費用を安く抑える方法
  • 敷金礼金ゼロ物件を探す
  • 周りの人からもらえるものはもらう
  • 実家から持ってこれるものは極力持っていく
  • 必要になったら買い足すスタイルにする

私たちも当初同棲準備にいくらかかるか予想がつかず、とりあえず2人で100万を貯めることを目標にしていました。

100万円用意して最終的に63万かかりましたので、残り36万ほど貯金として残したままスタート。

その後も特にお金に困ったという経験はありません。

早く一緒に暮らしたいのであれば、安く済む物件家具家電も買い足していくスタイルを選ぶことをおすすめします!

敷金礼金かかっても気に入ったお部屋が良いとか、最初から家具家電もお気に入りのものを揃えたいということであれば、余裕をもって150~200万円は用意した方が良いかもしれませんね。

このブログではこれから同棲を開始する方向けに、同棲開始までの流れを解説した同棲までの道のりまとめも公開しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、他にも同棲に関する記事を掲載しています。

気になる方は下記よりご覧ください☆

関連記事

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました