【同棲の防犯対策】防犯対策で大切な人との暮らしを守ろう!

同棲

同棲中の方もしくはこれから同棲を始めようと思っている方、防犯対策は済んでいますでしょうか?

意外と忘れてしまいがちな同棲中の防犯対策。

なにか起きてからでは取り返しがつきません。

そこで今日は、私たち同棲カップルが実践している防犯対策をご紹介します。

大切な人との生活を守るため、参考にしてみてください!

こんな人におすすめ!
  • 同棲カップルのための防犯対策が気になる方
  • 防犯対策をこれまでしてこなかった方
  • 簡単にできる防犯対策を知りたい方
みみこ

犯罪に巻き込まれないように、できることから少しずつ行っていきましょう!

スポンサーリンク

同棲の防犯対策

防犯対策というと泥棒から家を守ることを思い浮かべる方が多いかもしれないですが、他にも巻き込まれる可能性のある犯罪は多く存在します。

そこで、在宅時外出時に分けて防犯対策を見ていこうと思います。

在宅時の防犯対策

在宅時にできる防犯対策は以下の通りです。

在宅時の防犯対策
  • 玄関、窓の鍵を閉める
  • 窓に防犯フィルムを貼っておく
  • 女性の下着を外に干さない
  • 男性が住んでいることを匂わせる
  • 彼女が1人のときには人が来ても玄関を開けない
  • 郵便受けはいつも綺麗にしておく

玄関、窓の鍵を閉める

当たり前ですが、玄関や窓の鍵は必ず閉めておきましょう

泥棒は窓から入ると目立ってしまうため、玄関から侵入できるのが一番嬉しいようです。

外出時に閉め忘れることがないように、普段から使用しないときは必ず鍵をかけましょう。

窓に防犯フィルムを貼っておく

アパートやマンションの1階に住んでいる方は、窓ガラスが簡単に割れないように防犯フィルムを貼っておくと良いそうです。

完全に割れないようにできるわけではないようなのですが、何度もかなり強い力で衝撃を与えないと割れないので侵入に時間をかけさせることができます。

窓を割るのに騒音もしますので、それをきっかけに諦めさせる効果もあるそう。

また、地震や台風で窓ガラスが割れる被害も抑えられるので災害対策にもなりますよ。

私たちは窓が強化ガラスでしたので不要でしたが、必要な方は検討してみると良いと思います。

女性の下着を外に干さない

下着泥棒の被害には、意外と多くの人が遭っています。

天日干しできないのは辛いですが、部屋干しにしておくのが無難です。

かわいいピンチハンガーを買っておくとお部屋のイメージを損なわなくて良いですよ!

私は以下のレトロな水玉柄のピンチハンガーを使っています。

お気に入りのハンガーなので部屋にあっても苦じゃないです!

男性が住んでいることを匂わせる

女性の一人暮らしは、犯罪のターゲットになりやすいです。

男性の下着や服を外に干したり、男性も暮らしていることがわかるようにアピールしましょう。

彼女が1人のときには人が来ても玄関を開けない

インターフォンがついてるお部屋は、ぜひ有効活用しましょう。

インターフォンに知らない人が映っている場合は、どんな人か確認できるまで出ないようにするのが良いです。

また、彼女が一人で家にいるときには人が来ても対応しないというのも手。

居留守を使ってしまうのは申し訳ないのですが、無理やり部屋に入り込まれる可能性もありますのでそのようにしています。

やりすぎと思うかもしれないのですが、心配性な母から受け継いだことで今もその約束を守っています。

ちなみに宅配便などは時間指定をして、必ず彼が家にいるときに来てもらうように配慮していますよ。

郵便受けはいつも綺麗にしておく

郵便受けに手紙が溜まっていると長い間家を空けていると思われてしまいます。

また、管理が行き届いていないような部屋はターゲットになりやすいので要注意しましょう。

外出時の防犯対策

続いて、外出時に気を付けている防犯対策をご紹介します。

外出時の防犯対策
  • 防犯ブザーを持ち歩く
  • 1人で散歩に行くときはジャージを着る
  • 車に乗ったら鍵をかける
  • ドライブレコーダーの設置
  • 鍵を手に持ってから玄関に向かう

防犯ブザーを持ち歩く

私はあまり一人で外出する機会がないのですが、それでも防犯ブザーを持ち歩くようにしています。

彼と買い物に行っても、トイレでは一人になります。

過去にショッピングモールの女子トイレで起こった事件がありました。

どこで犯罪に巻き込まれる可能性があるかわかりませんので、防犯ブザーは携帯するようにしています。

以下のように大人が持っていてもおかしくないような防犯ブザーもあります。

どうぶつの防犯ブザーもかわいいですね!

1人で散歩に行くときはジャージを着る

私が唯一、一人になるのは近所を散歩しているときです。

そのときも目を付けられると怖いので、かなり地味なジャージを着て歩くようにしています。

また、人目があるような道を歩くようにも心がけています。

女性も何も気にせずに好きな恰好で散歩したり、出かけられる世の中になってほしいですね。

車に乗ったら鍵をかける

運転中の防犯対策として、車に乗ったら鍵をかけるように心がけています。

停車中に見知らぬ人に車に乗り込まれる可能性があります。

特に夜間に1人で運転をする際は、必ず鍵を閉めましょうね!

ドライブレコーダーの設置

近年、あおり運転が問題視されています。

あおり運転の抑止、証拠撮影のためにドライブレコーダーの設置はしておいた方が良さそうです。

あおり運転以外にも当て逃げの被害にあった場合にも、証拠として提出できますので準備をしておくに越したことはありません。

少しお値段張りますが、前後撮影の機能がついているものがおすすめ。

すぐに用意できない方は、ステッカーだけでも貼っておきましょう。

夜間でもわかるように反射するものを選ぶと良いと思います。

鍵を手に持ってから玄関に向かう

知り合いから玄関前でカバンに入っている鍵を探しているときに、不審者に背後から襲われたという話を聞きました。

それを聞いて以来、怖くなって帰宅時には鍵を手に持ってから車を降りるようにしました。

たしかに玄関前は目の前が家ということで気が抜けやすく、しかも探し物をしていると背後に目がいきません。

特に夜間は人影にも気が付きにくいので、とても危険です。

手に持っておくまでしなくても、鍵をすぐにわかる場所に入れていくでも良いと思います。

すぐにできる習慣なので、みなさんも意識してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

在宅時の防犯対策
  • 玄関、窓の鍵を閉める
  • 窓に防犯シートを貼っておく
  • 女性の下着を外に干さない
  • 男性が住んでいることを匂わせる
  • 彼女が1人のときには人が来ても玄関を開けない
  • 郵便受けはいつも綺麗にしておく
外出時の防犯対策
  • 防犯ブザーを持ち歩く
  • 1人で散歩に行くときはジャージを着る
  • 車に乗ったら鍵をかける
  • ドライブレコーダーの設置
  • 鍵を手に持ってから玄関に向かう

当たり前のことから「そこまでやる?」と思ったものもあるかもしれません。

私たちはかなり心配性なのでたくさん気を付けていることがありましたが、すべて真似する必要はないと思います。

ですが、ご自身が苦にならずにできることはやっておくと良いのかなと思います。

好きな人との暮らしはかけがえのないものです。

いつまでも二人で安全で幸せな生活が送れるようにできることからやっておきましょう。

『みみこの世界はまあるい』では、他にも同棲に関する記事を掲載しています。

気になる方は下記よりご覧ください☆

関連記事

また、これから同棲を開始する方向けに、同棲開始までの流れを解説した同棲までの道のりまとめも公開しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました