一緒にお風呂入るメリットデメリット【同棲カップル】

同棲

こんにちは、みみこです。

私は現在、長く付き合っている彼氏と同棲をしています。

そこでよく聞かれるのが、「一緒にお風呂に入る?」という質問。

同棲したてのカップルにとって、気になるところだと思います。

「カップルはお風呂に一緒に入らない方がいい」という説と「お風呂に毎日一緒に入るカップルは長続きする」説と、どちらもあるようですが実際のところどうなのでしょうか?

今日は私たちの経験から、同棲カップルが一緒にお風呂に入るメリットデメリットをご紹介します。

こんな人におすすめ!

  • 同棲を開始する予定の方
  • 同棲中で恋人と一緒にお風呂に入ろうか迷っている方
  • 同棲カップルのお風呂事情が気になる方
みみこ

ちなみに、私たちは毎日一緒に入っています!
そのように決めた経緯についてもご紹介しますので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

一緒にお風呂に入るメリット

早速、カップルが一緒にお風呂に入るメリットをご紹介します。

一緒にお風呂に入るメリット

①一緒に過ごす時間を増やすことができる
②お互いに向き合う時間が取れる
③節約になる
④健康チェックができる

一緒に過ごす時間を増やすことができる

一緒にお風呂に入ることで、二人で過ごす時間を増やすことができます。

お風呂でも一緒に過ごせますし、お風呂を同時に済ませることで、寝る前に二人で好きなことをする時間が作れます。

私はこの時間がとても大好きです。

ブログを編集したり一緒にYouubeを観たりして、まったり楽しく過ごしています!

お互いに向き合う時間が取れる

お風呂にはテレビはありませんし、スマホを持ち込む人も少ないと思います。

そのため、お風呂は唯一何の邪魔も入らず、お互いに向き合うことができる場所だと思います。

二人で話をするには、最も最適な場所だといえそうです。

私たちは今日あった出来事を話したり、悩みを相談したり、毎日いろんな話をして過ごしています。

ひたすらふざけ合って騒いでいるだけのこともありますよ。

節約になる

一緒にお風呂に入ることで追い炊き機能を使う必要がなくなり、ガス代の節約になります。

また、二人で湯舟に浸かると水位が上がるので、お風呂のお湯も少なく済みます。

節約のために一緒にお風呂を済ませているというカップルも多いようです。

健康チェックができる

意外と自分で自分の身体をしっかり見ることってないと思いませんか?

そのため、なかなか怪我や病気に気が付かないこともあります。

ですが、お風呂に一緒に入れば、お互いの健康状態を確認することができます。

私はお風呂で彼の肌がかぶれてしまっているところを見つけたことがありますし、彼に気が付いていなかった青あざを見つけてもらったこともありました。

一緒にお風呂に入ることで、お互いの身体を労わり、大切にしてあげることができるでしょう

スポンサーリンク

一緒にお風呂に入るデメリット

カップルで一緒にお風呂に入ることは、メリットばかりではありません。

デメリットについても確認しておきましょう。

一緒にお風呂に入るデメリット

①リラックスができない
②タイミングを間違えると寒い思いをする
③お風呂が広い物件にしか住めない
④トキメキが減る可能性がある

リラックスができない

一緒にお風呂に入ることで、リラックスができないと感じる人もいるようです。

浴槽が狭くなってしまうこともありますし、誰かがいると気を遣ってしまうということも理由として挙げられます。

その他に湯舟に浸かる時間やお湯の温度が合わないことも、ストレスに感じるでしょう。

また、いつも一緒に過ごしているからころ、お風呂は1人で過ごしたいと感じる方もいます。

お風呂での過ごし方は人それぞれなので、しっかり話し合っておく必要がありそうです。

タイミングを間違えると寒い思いをする

同時にシャワーを使うことができないので、タイミングを調整しないと寒いまま待ち続けなければならないことがあります。

一緒にお風呂に入ると決めた場合には、身体を洗うタイミングなどを調整して、お互いが寒い思いをしないように気を付けましょう。

彼氏

特に冬はタイミングを間違えると地獄です・・・。

お風呂が広い物件にしか住めない

二人で一緒に入る約束をしていると、お風呂が狭い部屋に住むことができません。

私たちも今住んでいるマンションから引っ越すことを考えているのですが、気に入ったところがお風呂が狭いことが多く、決心できていません。

一緒にお風呂を入るのはやめたくないなと思っていますので、お風呂が広くて素敵な部屋がないか探し中です。

トキメキが減る可能性がある

カップルが一緒にお風呂に入らない方が良い理由に、トキメキがなくなることが挙げられます。

お互いの身体にも見慣れてしまうため、ドキドキがなくなってしまうと言われています。

また、毎日一緒にお風呂に入っていると見られることに慣れてしまって、恋人に対して恥じらいがなくなってしまうこともありそうです。

同棲を開始してもいつまでも恥じらいも大切にしていたいですよね。

一緒にお風呂に入ることを決めた経緯

こういったメリットとデメリットを踏まえて、私たちはどうして毎日一緒にお風呂に入ることを選んだのかお話しします。

まず、第一に一緒に過ごす時間を増やしたかったことがあります。

同棲しているとはいえ昼間は働いていますので、平日一緒に過ごせるのは夜の時間だけ。

それに、夕飯の準備や片付けでなかなかゆっくりできる時間が取れませんでした。

そこで、お風呂に一緒に済ませてしまうことで眠る前に一緒に過ごす時間を確保しました。

また、節約ができるということも大きいです。

私たちはさまざまな節約方法の中でも、自分たちのストレスが感じないものには積極的に取り組むようにしています。

お風呂を一緒に入ることはストレスではなかったので、全然苦になっていません。

今でこそお風呂でゆっくり話せることやお互いの健康チェックができるという利点に気が付きましたが、元々はそんな動機でした。

初めはトキメキがなくなるんじゃないかという不安もありました。

2年ほど続けてみて、たしかに相手の身体に見慣れました。笑

ですが、それ以上にお互いの身体を気遣うことができるようになったのは素晴らしいことだと思っています。

なので、私は一緒にお風呂に入るようにして良かったなと思っていますよ!

まとめ

一緒にお風呂に入るメリットデメリット

メリット
①一緒に過ごす時間を増やすことができる
②お互いに向き合う時間が取れる
③節約になる
④健康チェックができる

デメリット
①リラックスができない
②タイミングを間違えると寒い思いをする
③お風呂が広い物件にしか住めない
④トキメキが減る可能性がある

メリットデメリットそれぞれありますので、同棲が決まったら恋人と相談してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、特別な日だけ一緒にお風呂に入るというカップルもいるようですよ。

お風呂という日常の中でそのような特別感を出すことができて、それも素敵だなと思いました!

そんな日にバスボムを入れても楽しそう。

みみこ

二人でお風呂を楽しむ方法をいろいろ考えてみると良いですね!

これから同棲を開始しようと思っている方には、こちらの記事がおすすめです。

同棲開始までの手順をご紹介していますので、ぜひご参考ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました